マタニティ期の歯科診療で妊婦さんと赤ちゃんの歯の健康につなげるページです。

PREGNANT
妊娠中の方へ

  • TOP
  • 妊娠中の方へ

妊婦さんのお口の健康をサポートします

妊婦さんのお口の健康をサポートします

妊娠中は歯科治療が受けられないと思っていませんか? しかし妊娠するとお口のトラブルが起きやすいうえ、それが妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にもリスクを与えますので、しっかりケアすることが大切です。

福岡市中央区赤坂のけやき通り近くの歯医者「横田デンタルクリニック」では、マタニティ期の歯科診療も行っていますのでご相談ください。その際には妊娠中であることをお伝えください。さまざまな工夫で少しでも快適に診療を受けていただけるようにいたします。

マイナス1歳からのむし歯予防

マイナス1歳からのむし歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯の原因菌はいません。しかし、生活をしているうちにやがてまわりの大人の唾液に含まれる細菌がうつるのです。とくに赤ちゃんと長い時間を一緒に過ごすママからうつりやすいので、赤ちゃんが生まれる前から、妊婦さんはお口の健康に気をつけることが大切です。

また、赤ちゃんの歯の芽は、ママのお腹の中にいるときにつくられ始めますので、妊娠中の栄養補給にも留意しましょう。口腔ケアや食生活のケアは妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんにも影響します。マイナス1歳からのむし歯予防をしましょう。

妊娠中はお口のトラブルに注意してください

妊娠中はお口のトラブルに注意してください

妊娠するとホルモンバランスが変化し、お口の環境も変化するうえ、体調も作用してむし歯や歯周病にかかりやすくなります。むし歯にかかってしまうと、食生活の変化に加え、バランスよく、おいしく食べることがさらに難しくなり、栄養バランスが悪くなるリスクを負います。さらに心配なのが歯周病です。歯周病が悪化すると早産や低体重児出産のリスクが高まってしまいます。そのリスクは、喫煙やアルコール、高齢出産のどれとくらべてもはるかに高いといわれているのです。

妊娠前と妊娠中で食生活が変わります

つわりがあると、食べられる物がかぎられたり、食欲不振になったり、吐き気を感じたり、反対に何かを食べ続けたりして、食生活が変化します。すると長時間お口の中に食べ物がある状態や汚れている状態が続きがちですが、歯ブラシを加えるだけで吐き気がすることもあり、またそもそも気分がすぐれなくて、口腔ケアがあとまわしになることもあります。

妊娠中の歯科診療も大切です

妊娠中の歯科診療も大切です

妊娠中に歯科治療を受けられるのか不安かもしれません。確かに妊娠初期や妊娠後期はおすすめできませんが、妊娠安定期といわれる時期は、ほとんど通常の歯科治療が受けられます。マタニティ期は、むし歯や歯周病にかかりやすい時期ですので、自覚症状がなくても妊娠中期の安定期には歯科検診を受けて、お口の中のチェックや、お口のトラブル予防につながるプロフェッショナルの口腔ケアを受けましょう。

  • 妊娠初期(4ヶ月:15週まで)

    妊娠初期はまた安定していないので流産を起こしやすい時期ですので、急を要する症状を除き、本格的な治療はおすすめできません。お口まわりのチェックや、歯みがき指導、または治療計画の立案だけにとどめます。応急処置はいたしますのでご安心ください。

  • 妊娠中期(5~7ヶ月:16~27週)

    胎児が胎盤に安定するこの時期は、ほとんどの歯科治療が可能です。場合によっては主治医と相談して、治療を行いますので、まずはお気軽にご相談ください。またこの時期に歯のクリーニングを受けて、お口のトラブルを未然に防ぎましょう。

  • 妊娠後期(8ヶ月:28週以降)

    この時期はいつ陣痛が起きてもおかしくありません。仰向けになり長時間同じ姿勢を取るのも難しい時期です。そのため、お口のトラブルの応急処置だけにとどめ、出産後、本格的な治療を受けることをおすすめします。

福岡市中央区赤坂の歯医者「横田デンタルクリニック」は、けやき通り近くで、警固からも多くの方が通われている歯医者です。妊婦さんの口腔ケアにも力を入れていますので、気になるお口まわりのお悩みは何でもご相談ください。

to top

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。

092-724-0480

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。