入れ歯、差し歯、詰め物、被せ物など失った歯を補うための補綴治療のページです。

DENTURE
歯がなくなった(入れ歯・差し歯・詰め物)

  • TOP
  • 歯がなくなった(入れ歯・差し歯・詰め物)

歯を失ったら早めに治療しましょう

歯を失ったら早めに治療しましょう

むし歯や歯周病、ケガにより歯を失うことがあります。永久歯は親知らずを除いて28本あり、全体でバランスを取っていますので、1本でも失うと噛み合わせがくずれ、お口全体の健康が損なわれることがあります。そのため歯を失ったらできるだけ早い治療が大切です。またむし歯の治療をして歯の一部を失ったときにも歯の機能回復をしますが、どちらの場合もさまざまな治療の選択肢がありますので、患者さんに合う方法を選択しましょう。

福岡市中央区赤坂の歯医者で、けやき通り近くの「横田デンタルクリニック」では、それぞれの治療の選択肢をていねいにご説明し、患者さんにお選びいただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

入れ歯とインプラントの違い

       
治療名 インプラント 入れ歯 ブリッジ
画像
入れ歯とインプラントの違い
入れ歯とインプラントの違い
入れ歯とインプラントの違い
治療方法 顎の骨にインプラントを埋め込んで支台にして被せ物や特殊な入れ歯で歯の機能回復をはかります。 取り外し可能な装置で、歯がない部分を補います。歯が残っているときはバネなどで固定します。 残っている歯を削って支台を作ります。そこに連結した人工歯を装着して固定します。
寿命 メンテナンスを怠らず口腔ケアを続ければずっと使えます。 一定期間ごとに調整や修理、つくり直しが必要です。 一般的には約7~8年ですが個人差があり、装着場所にもよります。
費用 外科手術をともなうので比較的高額です。 保険診療の入れ歯を選べば比較的安価です。 保険診療のブリッジを選べば比較的安価です。
使用感 顎の骨にインプラントが結合すると自分の歯のような噛み心地を得られます。 ある程度の大きさがあるので異物感があります。硬い物が食べにくいことがあります。 違和感・異物感は少なく、装着感もそれほど悪くありません。
美しさ 自然で美しく仕上げられます。 自費診療の入れ歯などは自然な見た目に仕上げられます。 自費診療の連結歯を選ぶことで自然な見た目になります。
デメリット 治療期間が長めで、治療費用も比較的高額です。 硬い物が噛みにくく、異物感があり保険診療の入れ歯は見た目が不自然です。 支台にする歯を削る必要があり、負担がかかるため、その歯の寿命が縮むリスクがあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯は、歯の機能回復の治療として歴史が古く、取り外しが可能で比較的かんたんに治療できます。歯を失った本数に合わせてつくれるので、どんな歯の状態でも製作可能です。歯が残っていないときには総入れ歯(全部床義歯)を、そして歯が残っているときにはその歯にバネ(クラスプ)などの固定装置を取りつける部分入れ歯(部分床義歯)をつくります。

保険診療の入れ歯は比較的安価につくれますが、見た目が不自然で、装着感があまりよくないことがあります。しかし自費診療の入れ歯を選べば、価格は比較的高額ですが、噛み心地や装着感、見た目などのこだわりの実現が可能です。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 保険診療で治療可能(自費診療も選択可)
  • 治療期間が短め
  • ブリッジのように健康な歯を削らずに治療できる
  • インプラントのような外科手術が不要

デメリット

  • 見た目や噛み心地、装着感のすべてを回復するのは難しい
  • 一定期間ごとに調整やつくり直しが必要
  • 部分入れ歯の場合、バネや固定装置をかける歯に大きな負担がかかる
  • 噛む力が顎の骨に伝わりにくいので、歯茎や骨が痩せやすい
入れ歯の種類
保険の入れ歯

保険の入れ歯

レジン(歯科用プラスチック)製の入れ歯です。部分入れ歯のときは金属のバネをつけます。比較的かんたんに作製可能ですが壊れやすく変色しやすい素材です。その反面、調整や修理がしやすいメリットもあります。ある程度の厚みと大きさがあるので異物感があり、食べ物の温度も伝わりにくいのがデメリットです。

金属床義歯

金属床義歯

床の部分を金属でつくる自費診療の入れ歯です。薄く仕上げられるうえ、強度が高く、異物感が少なめで、汚れがつきにくく衛生的です。熱の伝導率が高いので、食べ物の温度を感じやすいため、味覚が助けられ食事を楽しめます。使用する金属の種類によって使用感や費用が異なります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根に磁性金属を装着して、入れ歯には小さな磁石を埋め込み、磁力で入れ歯を固定します。しっかり固定するので噛みしめられます。また固定装置が表から見えないので、見た目が自然です。自費診療なので比較的高額です。

歯の土台につける被せ物(差し歯)

歯の土台につける被せ物(差し歯)

歯の神経にまで達した重度のむし歯の治療法に「根管(こんかん)治療」があります。むし歯の原因菌に汚染された歯の中の神経や血管を根管から除去し、内部を洗浄・消毒して、薬剤で密閉するのが根管治療で、そこに土台(コア)を構築し、その上に被せ物を装着するのが差し歯(被せ物)です。

コアと被せ物を一体にしないのは、噛む力がそのまま歯根に加わって過度の負担がかからないようにするためです。

削った歯質を補う(詰め物)

削った歯質を補う(詰め物)

むし歯の治療では進行を止めるために原因菌に汚染された部位を除去します。そしてむし歯部分の形状や大きさによって、レジン(歯科用プラスチック)で補う場合(直接法)と、歯型を取ってから金属やセラミックなどの素材でつくる場合(間接法)があります。間接法は、詰め物の大きさによって小さい部位を補うインレーと大きな部位を補うアンレーに分けられます。

使用する素材
レジン

レジン

歯の色に似ていてあまり目立ちませんが、経年によって変色しやすく、破損しやすいデメリットがあります。やわらかいレジンを、むし歯で汚染された部位を削った部分に詰め込み、特殊な光を照射して硬化させるので、歯を削る量を抑えられます。

セラミック

セラミック

歯の色に似ていて美しいうえ変色しにくく、生体親和性が高く、さらに汚れがつきにくい素材です。お口の中で安定し、治療した部位の付近のむし歯や歯周病のリスクを低く抑えます。オールセラミックというセラミックのみを使う場合は、金属不使用なので金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜ合わせた素材です。歯の色に似ていて、レジンよりも耐久性が高く、変色しにくいうえ、セラミックよりもやわらかいので、噛み合う歯を傷めにくい素材です。セラミックにくらべると耐久性や美しさがやや劣りますが、比較的安価です。

ジルコニア

ジルコニア

金属のような強度があるジルコニアは透明感があり、セラミック素材でありながら奥歯などの噛む力が強い部位でも使用できます。金属アレルギーの心配もありません。

すきっ歯の治療法

すきっ歯の治療法

すきっ歯とは、前歯にすき間がある歯並びで、目立つうえ、食べ物が挟まってしまったり、クリアな発音が阻害されたりすることがあります。空隙歯列(くうげきしれつ)や正中離開(せいちゅうりかい)ともいい、むし歯や歯周病のリスクも心配です。その原因は歯が小さかったり、歯が足りなかったり、上唇小帯という上の唇の裏にある筋の位置の異常によって引き起こされます。

すきっ歯の治療にはいくつかの方法があります。それは、矯正治療、前歯の表面を薄く削り、薄いシェル状のセラミックの板を貼りつける「ラミネートベニヤ」と、歯を削ってそこに被せ物を装着する方法、それとダイレクトボンディングです。

ダイレクトボンディングのメリット・デメリット

メリット

  • 1回の施術で終了可能
  • 健康な歯を削らずに施術できる
  • 施術に痛みをともないにくい

デメリット

  • 術者の技量に左右される
  • 前歯の形を大きく変化することはできない
  • 時間が経つと変色する
  • 強度が低い

むし歯にかかってしまったら、できるだけ悪化させないようにできるだけ早く治療することが大切です。治療の方法はさまざまあり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、内容をよく理解して患者さんに合う治療法を選ぶことが大切です。まずは当院にご相談ください。

上の前歯2本 ダイレクトボンディング

上の前歯2本 ダイレクトボンディング

年齢 50代
性別 男性
住所 福岡市 中央区
主訴/ニーズ 前歯の詰め物が取れて、すきっ歯が気になる
治療期間 回数2回 1週間
治療内容 上の前歯2本ダイレクトボンディング
費用 15,000円(税別)×2
院長コメント
&
治療のリスク
前医で施術した詰め物が取れて、隙間ができてきたので気になるとのことでした。
前歯の隙間に関して治療方法としては、
矯正によって歯を動かすことや
ダイレクトボンディング(詰め物)を行うことが考えられます。

この患者様は、他の歯の歯並びも問題なく、また歯の幅も広げても問題ない範囲内でしたので、矯正ではなくダイレクトボンディングを提案いたしました。
術前の診査から、まず左右とも歯の幅は同程度であり、顔の中心がちょうど2本の歯の真ん中であることから、それぞれ2本の歯どちらともダイレクトボンディングをしております。

また、人の歯の色は一本の中でも一様ではなく、歯の真ん中、先端、横端、模様など様々なので、この方の場合も事前に設計図をデザインし、最終的には5色の色を使用しております。
場合によっては、もっと多くの種類の色が必要になります。
(色の種類によって料金は変わりません)

色を正確に合わせるために、治療回数は2回とさせていただいております。
1週間後2回目来院時に、再度色の確認をして、色の付け足し等を行うためです。
この方の場合も、2回来ていただきましたが、問題なかったので2回目は写真撮影のみとなりました。

前歯の隙間は、場合によっては矯正が必要な場合、ダイレクトボンディングが適している場合、どちらも必要な場合が考えられます。
事前診断を怠ると、すぐに取れてしまうなどのトラブルの原因になってしまいます。
前歯の隙間や、古い詰め物の色、形が気になる方はぜひ一度ご相談ください。

to top

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。

092-724-0480

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。