患者さんの痛みなどの負担をできるだけ減らすむし歯治療をする一般歯科のページです。

GENERAL
歯が痛い(一般歯科)

  • TOP
  • 歯が痛い(一般歯科)

むし歯は早めに治療しましょう

むし歯は早めに治療しましょう

むし歯は身近な病気です。そのため「冷たい物がしみる」「痛みがある」などの症状に気づいても、治療をあとまわしにしがちです。しかしむし歯はどんどん進行しますので、悪化させる前に早期発見・早期治療することが大切です。

福岡市中央区赤坂の歯医者で、けやき通りに近い「横田デンタルクリニック」は、できるだけ痛みを抑えたむし歯治療をご提供します。そして、できるだけ歯を残す治療を基本に診療いたします。

むし歯の原因

むし歯の原因

むし歯の原因菌がお口の中に残る食べカスの糖分をエサにしてネバネバする成分をつくります。それが歯に付着して歯垢(プラーク)を形成し、そこでも糖分を分解して「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かすのがむし歯のメカニズムです。そのため、「むし歯の原因菌」と「糖分」が、お口の中で共存している「時間」が長いほど発症と進行のリスクが高まります。さらに「歯の酸に対する強さ」もむし歯にかかりやすいかどうかを左右します。

むし歯の進行段階とおもな治療方法

【CO】
ごく初期のむし歯
【CO】ごく初期のむし歯

【症状】
歯の表面を覆うエナメル質の成分が少し溶けて、白く濁って見える状態です。脱灰(だっかい)ともいいます。

【おもな治療法】
適切な歯みがきで汚れを落とし、歯質の強化のためにフッ素塗布して再石灰化を促し、歯質の強化をはかります。

【C1】
エナメル質のむし歯
【C1】エナメル質のむし歯

【症状】
エナメル質がさらに溶かされ、黒ずんで見え、小さな穴が空きます。まだ痛みはありません。

【おもな治療法】
むし歯に汚染された部分を除去し、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。

【C2】
象牙質のむし歯
【C2】象牙質のむし歯

【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで汚染が進んだ状態で、ここからはむし歯の進行が加速します。「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などの自覚症状があらわれます。

【おもな治療法】
むし歯部分を除去して、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)で補います。

【C3】
歯の神経にまで達したむし歯
【C3】歯の神経にまで達したむし歯

【症状】
歯の内部の神経にまで汚染が進んだ状態です。ズキズキと強く痛みます。

【おもな治療法】
神経を除去して、神経が入っていた管(根管)の内部を洗浄・消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、支台(コア)を立ててクラウンを装着します。

【C4】
歯のほとんどが溶けたむし歯
【C4】歯のほとんどが溶けたむし歯

【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶けた状態です。神経が死んでいるので痛みはほとんどありませんが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。

【おもな治療法】
ほとんどの場合抜歯が選択されます。抜歯後、入れ歯やブリッジ、インプラント治療の中から選択し、失った歯の機能回復をはかります。

むし歯の治療方針

できるかぎり歯を残す

できるかぎり歯を残す

健康な歯に勝る人工歯は残念ながらありません。そしてむし歯の治療は、進行を止めることはできますが、元の天然歯に戻すことはできません。そのため、むし歯治療で大切なことは、歯を削る量をできるだけ減らし、健康な歯質を残すことです。なるべく歯へのダメージを抑えるために、当院では「できるだけ削らない」「できるだけ抜かない」治療をご提供します。

痛みをなるべく抑える

痛みをなるべく抑える

むし歯治療に痛いイメージはありませんか? 「痛い」と思うと通院の足が遠のいてしまいます。しかし歯科医療の進歩にともない麻酔注射によりほとんど痛くない治療が可能です。注射が苦手な方もご安心ください。さまざまな工夫で注射の痛みの軽減につなげています。

  • 注射針の痛み

    注射針を刺す部分にあらかじめ表面麻酔をします。表面麻酔は、薬剤を塗って浸み込ませるだけですので痛くありません。歯肉の神経を麻痺させてさらに、できるだけ細い注射針を使用して、チクッとする注射の痛みを軽減します。

  • 麻酔液注入の痛み

    麻酔注射で麻酔液を注入するときに一定のスピードで注入すると、圧力が変化せずに痛みを抑えられます。そのため当院で活用するのが電動麻酔注射器です。また麻酔液を人肌に温め、「痛み」をなるべく抑えます。

再発防止を大切にする

再発防止を大切にする

むし歯になった歯だけを治療して終わりにしてしまうと再発が心配です。むし歯を発症した原因を取り除かないと、その歯やそのまわりの歯はまだ発症のリスクを負うからです。再発を避けるため当院では、汚れのつき方や歯並び、生活習慣などを伺い、むし歯の原因を取り除き、さらに予防のためのアドバイスをいたします。毎日のセルフケアが基本ですが、歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアもおすすめします。

むし歯は再発しやすい病気です。しかし、予防も可能です。大切な歯をずっと守っていくために、お口まわりのお悩みは何でもお気軽にご相談ください。近くに赤坂小学校・警固中学校があるので、帰りに通う患者さんが多い「横田デンタルクリニック」は小児歯科を中心にご家族みなさんのお口の健康をサポートいたします。

歯を白くする(ホワイトニング・ウォーキングブリーチ)

歯を白くする

むし歯がなくなったら、今度は口元を綺麗にしていく事を考えてみませんか?

赤坂の横田デンタルクリニックでは、歯を白くするご相談も承っております。ホワイトニング(オフィス・ホーム)はもちろん、失活歯(歯の神経が死んだ、もしくは取ってしまって黒く変色している歯の事)を白くする治療も行っています。歯の色がコンプレックスになっている方は是非ご検討ください。

  • オフィスホワイトニング
    25,000円(税別)

    歯科医院で行うホワイトニングです。ホワイトニングジェルを歯面に塗布します。約1時間半から2時間の時間で行います。
    (こんな方におすすめ)
    時間がない、すぐに効果を得たい方に最適で、結婚式・成人式など、イベント事がある方がご利用される事が多いです。

  • ホームホワイトニング
    30,000円(税別)

    ご自宅で行うホワイトニングです。専用のカスタムトレー(マウスピース)を製作し、ご自身でトレー内にホワイトニングジェルを填入して使います。
    1日2時間を2週間、じっくりと歯を白くしていきます。オフィスより効果が持続しやすいのが特徴です。
    効果次第で装着時間を延長することも可能で、また、ジェルを追加購入すれば、また好きな時にできます。
    (こんな方におすすめ)
    効果を長く感じたい方や、歯科医院に通う時間が取れない方などがご利用されます。

失活歯(神経を取っている歯)を白くする(ウォーキングブリーチ)
1歯 15,000円(税別)※薬剤は何度交換しても再診料のみ。

ウォーキングブリーチ

神経を取る処置をすると、周囲の天然歯と比べると色が変色してしまいます。通常のホワイトニングをしても、周りの歯との色の差は残ってしまうので、失活歯のみのホワイトニングを行います。治療期間は一週間に一回の通院で約1~1.5ヶ月です。ただし、歯根(歯の根っこ)の治療が不十分な場合は根管治療から行っていくので、その場合は治療期間は伸びます。
また、治療に伴うリスクとしては以下のようなものがあります。
・1本づつの治療である事
・喫煙や着色しやすい食事をする事で治療の効果は減ってくる可能性がある
・歯がもろくなっている場合は適用外
・薬剤から発生するガスで痛みが伴う場合がある

to top

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。

092-724-0480

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。