全身疾患にも関連する、歯を支えられなくなる歯茎の病気の歯周病のページです。

PERIO
歯茎が痛い(歯周病)

  • TOP
  • 歯茎が痛い(歯周病)

歯周病は広く蔓延している歯茎の病気です

歯周病は広く蔓延している歯茎の病気です

お口の2大トラブルの「むし歯」と「歯周病」は日本の成人が歯を失う原因の約7割をしめ、さらに歯周病が第1位だといわれています。歯周病は初期段階では自覚症状があらわれないので、いつの間にか進行します。「歯茎の腫れ」「歯茎からの出血」「強い口臭」「歯のグラつき」などはかなり進行した状態なのです。

福岡市中央区赤坂の歯医者で、けやき通りに近い「横田デンタルクリニック」は、歯周病治療もご提供しますので、少しでも歯茎の異変に気づいたときにはお早めにご相談ください。

歯周病とは?

歯周病とは?

歯を支える歯のまわりの組織の病気です。歯と歯茎の溝に細菌が入り込み、進行にともない歯茎や歯を支える顎の骨が壊れていきます。歯肉が炎症を起こし、赤く腫れ、出血するようになります。さらに進行すると歯を支える顎の骨が溶けてしまい、歯がグラつき、膿が出て、口臭がきつくなり、さらに悪化させると歯が抜け落ちることにつながるのです。

歯周病の原因

歯周病を引き起こすのは主に細菌です。まず、お口の中の糖分をエサにネバネバした歯垢(プラーク)を歯と歯茎の溝に付着させます。その中に歯周病の原因菌が含まれると、排出する毒素の影響で、歯茎や歯を支える顎の骨が壊れていくのです。むし歯も歯周病も感染症に含まれますので、全身の免疫力が低下すると発症や進行をしやすくなります。また生活習慣にも左右される病気です。

歯周病が全身に与える影響

歯周病が全身に与える影響

歯周病はお口の中だけの病気ではありません。お口の中で歯周病の原因菌が増殖し、血管に侵入すると血栓をおこしやすいので、それが全身に巡り、さまざまな部位で病気を引き起こす可能性があるのです。また唾液などを誤って気管に入れてしまう「誤嚥(ごえん)」をしたとき、歯周病菌が含まれると、気管支炎や誤嚥性肺炎の発症の危険性が増します。

歯周病の影響が疑われる病気
  • 心疾患
  • 糖尿病
  • 誤嚥性肺炎
  • 早産
  • 低体重児出産など

歯周病の進行段階とおもな治療方法

歯周病は進行段階により歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯肉炎は歯肉だけが炎症を起こしているのに対し、歯周炎は歯を支える顎の骨の破壊が始まった状態です。歯周炎はさらに軽度・中等度・重度に分けられます。

歯肉炎
歯肉炎

【症状】
炎症が歯肉だけにとどまっている状態です。歯肉が腫れ、歯みがきやデンタルフロスで出血することがあります。歯と歯茎の溝はだいたい2~3mmです。

【おもな治療法】
汚れをしっかり落とすことができれば、歯茎が引き締まり、健康な状態に戻ります。歯科医院でのスケーリング(歯石を落とす処置)と歯みがき指導を受け、毎日の歯みがきをていねいに行いましょう

軽度の歯周炎
軽度の歯周炎

【症状】
歯肉炎から進行し、歯を支える顎の骨が破壊され始めた状態です。歯と歯茎の溝は3~4mm程度です。

【おもな治療法】
歯と歯茎の溝に付着する歯垢や歯石を除去することが大切です。これ以上悪化させないように、毎日のセルフケアを続けてください。

中等度の歯周炎
中等度の歯周炎

【症状】
歯を支える顎の骨がさらに溶かされ、歯茎が赤く腫れ、歯と歯茎の溝がさらに深まり歯周ポケットが形成されます。深さは4~5mm程度です。

【おもな治療法】
「歯周ポケットそうは術」で歯周ポケットの奥に付着する汚れを掻き出します。そして「ルートプレーニング」で歯根の表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。

重度の歯周炎
重度の歯周炎

【症状】
歯周ポケットがさらに深まり6mmを超え、支えを失うので歯がグラつきます。膿が出て口臭もさらにきつくなります。

【おもな治療法】
歯茎を切開してから汚れを除去する「フラップ手術」を行います。レーザー治療器を活用することもあります。かなり悪化しているときには、抜歯が選択され、入れ歯やインプラント治療で歯の機能を補うのです。

歯周病は歯を失うだけでなく、一部の全身疾患の発症にも関連するこわい病気です。歯茎の違和感に気づいたら、できるだけ早く治療を受けましょう。ご家族で一緒に通える「横田デンタルクリニック」にお早めにご相談ください。

to top

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。

092-724-0480

新規ご予約の方へWeb予約で時間が空いていなくても、予約可能な場合があります、その場合は、お手数ですが医院へ直接お電話をお願い致します。